診療案内 Treatment

Whitening
ホワイトニング

患者さまが求める「理想の白さ」に近づけられるよう
ベストなホワイトニング方法をご提案します

最適なホワイトニングをご提供

患者さまのお口の状態、日頃の生活習慣を含めて、最適なホワイトニングをご提案いたします。理想の白さを目指すため、丁寧にサポートさせていただきます。
当院で行っているホワイトニングについて

01 歯科医院にて行う「オフィスホワイトニング」

オフィスホワイトニングとは、実際に歯科医院に通院し、特殊な薬剤を歯に塗布し、レーザーを照射するホワイトニングです。
強力な薬剤とレーザーを用いることで、ホームホワイトニングに比べて短時間で白さを実感していただけます。
短期間で白くできる反面、白さを維持することは難しくなる為、白さが失われるのが早いというデメリットもあります。

02 ご自宅で気軽に行う 「ホームホワイトニング」

ホームホワイトニングは専用のマウスピースと薬剤を使用して、ご自宅でホワイトニングをしていただきます。
まず、歯科医院にてホワイトニング専用のマウスピースを作成します。その後、そのマウスピースに薬剤を注入し、定められた時間、装着していただきます。 ホームホワイトニングでは、じっくりと薬剤を浸透させていくホワイトニング方法ですので、ナチュラルな白さが長持ちするというメリットがあります。
また、マウスピースはつけ外しが可能な為、清掃性も高く、気軽に初めていただけるホワイトニングになっています。

03 歯科医院とご自宅でのホワイトニングを組み合わせた 「デュアルホワイトニング」

デュアルホワイトニングは、歯科医院とご自宅両方でホワイトニングを行う方法です。
まず、「オフィスホワイトニング」にて短時間で白くし、輝度の高い白さを目指します。その後、「ホームホワイトニング」を並行して行うことによって、白さを持続させます。

04 変色してしまった歯を白くする 「ウォーキングブリーチ」

歯の中にある神経が損傷し、機能が失われることで歯が変色してしまうことがあります。
このような場合は、前述した「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」を行うことが難しくなります。
「ウォーキングブリーチ」では、神経に対する治療を行い、歯の内面に歯を白くする薬剤を入れて脱色し、白さを取り戻します。

Wisdom teeth removal
親知らずの抜歯

患者さまの痛みの軽減に努めた
抜歯を心がけています

親知らずの抜歯の必要性

親知らずは、必ずしも抜歯をする必要があるわけではありません。親知らずによって何か症状が現れている場合や、親知らずの生え方によって必要性は異なります。
他の歯に影響を与えないような生え方をしている親知らずに関しては、特に抜歯をする必要はなく、そのままにしておいても問題はありません。 痛みがある、腫れているなどの症状がある、他の歯に影響を与える可能性がある歯に関しては、抜歯を検討する必要があります。
メリット/デメリット

メリット

  • 口臭予防

    親知らずがあることによって、歯ブラシがうまく入らない場所には磨き残しができます。
    これが口臭の原因となる為、親知らずを抜歯することでセルフケアがしやすくなり、口臭予防にもつながります。
  • むし歯・歯周病リスクの軽減

    親知らずの生え方によっては、磨き残しの影響で歯周病やむし歯の原因となります。
    親知らずを抜歯することで清掃性が高まり、むし歯・歯周病リスクの軽減に繋がります。

デメリット

  • 抜歯後、数日間腫れることがある
  • 抜歯後1か月程度、親知らずのあった部分に食べ物のカスが詰まることがある
患者さまに負担の少ない抜歯を行います

当院では、抜歯時にできるだけ患者さまの負担を減らせるよう、さまざまな取り組みをお行っています。

CTを用いた三次元的立体撮影の実施

親知らずの抜歯の際、特に注意が必要なのは、親知らず周囲の血管や神経の正確な位置を把握しておくことです。
当院ではCTによる三次元的な撮影を行い、歯や骨、神経・血管の位置を正確に把握しています。
事前に把握しておくことで、正確な治療を実現するとともに、治療時間の短縮にも繋がり、患者さまの負担軽減に役立ちます。

伝達麻酔を活用し、麻酔の効力にも配慮しています

親知らずの抜歯の際、当院では通常の「浸潤麻酔」に加え、「伝達麻酔」も取り入れています。
伝達麻酔とは歯の神経の大元に麻酔薬を注射することで、広範囲に麻酔を効かせる方法で、麻酔が効きにくい親知らずにも有用です。長時間麻酔が効くこともあり、治療中の痛みの軽減に有効です。
妊娠前の女性は、親知らずの抜歯が推奨されます
女性は、妊娠を機に体内のホルモンバランスが大きく変動します。
このホルモンバランスの変動により、今まで痛みを感じることがなかった親知らずにも痛みが生じる可能性があります。
さらに、妊娠している状態だと、レントゲンの撮影や投薬については避けるべきなので、治療が難しくなる場合がございます。
そのため、抜歯が必要になるような親知らずがある場合、早めの抜歯をおすすめしています。

歯科口腔外科治療も行っています。

当院では、親知らずの抜歯以外にも歯科口腔外科全般の治療も行っています。

親知らずQ&A

右の親知らずを抜いたら、左の親知らずも抜かないといけませんか?
親知らずは、左右・上下を対称に抜かなければいけないというものではありません。
ただ、例えば右の親知らずの状態が悪い場合、左の親知らずも同様に状態が悪くなっているケースがよくあるため、抜歯をお勧めすることも多くあります。
親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当ですか?
こちらも、患者さんのお口の様子によって大きく異なります。確かに歯並びが悪くなるケースもあると言われていますので、検査や診察を適切に行ったうえで、そのようなリスクがある場合には抜歯をお勧めしています。
どんな親知らずでも抜歯できますか?
ほとんどのケースの抜歯に対応していますが、以下に該当するような方は大学病院などの専門機関をご紹介する場合があります。
  • 心臓病や重度の糖尿病など、全身的なリスクが非常に高い方
  • 極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
  • 抜歯時に神経や血管を損傷する可能性が非常に高い方

Pulp Preservation
歯髄保存治療

他院で抜歯をするしかないと言われた方でも
神経を残したまま治療ができる場合があります
まずはお気軽にご相談ください

可能なかぎり歯の神経を残すために必要なこと

虫歯の進行が進んでしまうと、最終的には、歯の神経を除去する「抜髄」を余儀なくされる場合があります。
歯の神経は、一度抜いてしまうと永久に元に戻すことはできず、神経が失われることで歯そのものがもろく弱ってしまうというデメリットがあります。
ですから、できるだけ歯の神経は残せるよう、治療していくことが望ましいのです。
歯の神経を残す治療の選択肢として
当院では「マイクロスコープ」、「MTAセメント」を活用した
歯髄温存治療の対応が可能です。
多くの歯科医院で「抜髄」が必要と診断された場合でも、抜髄を回避できる可能性があります。まずは当院にご相談ください。
※全症例で神経を残す治療ができるわけではございません。

マイクロスコープを用いた精密治療

当院では、「マイクロスコープ」という歯科用顕微鏡を治療に導入しています。
拡大鏡よりも更に高倍率のズームが可能な為、肉眼では確認することができない視野を得ることができます。
高倍率の視野を確保することで、より詳細に患部を確認することができ、虫歯になっている箇所を細かく観察することが可能です。

MTAセメントで衛生的に神経を保護

抜髄をする場合、歯に穴を開ける必要がある為、補填材を用いて穴を防ぐ治療が必要となります。
神経を保存する治療の場合、神経が露出している状態の為、歯の神経を保護しながら補填材を詰めていきます。
その際当院で使用しているのが「MTAセメント」という補填材です。
このMTAセメントを用いることで、患部を無菌化し、穴を防ぐ治療が可能になります。
高殺菌効果があるMTAセメントには、歯の再石灰化を促す効果も期待できます。 自己修復効果を高め、安全に補填治療が行える環境が整っています。

治療の流れ

  • Step01

    検査

    お口の状態を全体的にチェックします。必要に応じてレントゲン撮影も行います。
  • Step02

    診断・治療計画のご説明

    事前の検査の情報に基づき、診断を行います。
    診断の結果を患者さまにお伝えし、今後の治療計画についてご説明します。
    治療計画に関する同意が得られましたら、治療を開始します。
  • Step03

    治療

    虫歯のある部位の治療を行います。虫歯の感染源を除去し、MTAセメントを用いて補填を行います。
  • Step04

    検診

    治療後は、一定の期間を明けて定期検診にお越しいただきます。
    虫歯を原因とした症状の有無、MTAセメントがしっかりと固まっていることを確認します。
  • Step05

    詰め物・被せ物の作成

    患部の状態が安定したら、最終的な詰め物・被せ物の治療に進みます。

Metal-Free Treatment
メタルフリー(金属不使用)治療

金属アレルギーの方にも
安心して受けていただける治療方法です

金属アレルギーとは

歯科における金属アレルギーとは、虫歯治療で使用される銀歯や詰め物などを口腔内に入れることで、全身にアレルギー症状が起こることをいいます。
元々、金属アレルギーのない方でも、歯科治療で使用した銀歯などから金属アレルギーを引き起こしてしまう方もいらっしゃいます。

歯科金属アレルギーでよくある症状

  • 口内炎が治りにくい
  • 全身にアトピー性皮膚炎のような発疹がある
  • その他頭痛やめまい、肩こりなどが慢性的に起こる
このような症状が当てはまる場合、金属アレルギーの可能性があります。
当院では、金属を使用しないメタルフリーの歯科材料もご用意しております。まずはお気軽にご相談ください。

金属アレルギー治療の流れ

  • Step01

    検査

    お口の状態を全体的にチェックします。皮膚のかぶれ等を含めたアレルギー症状の程度についてもしっかりと検査します。
  • Step02

    診断・治療計画のご説明

    事前の検査の情報に基づき、診断を行います。
    診断の結果を患者さまにお伝えし、今後の治療計画についてご説明します。
    治療計画に関する同意が得られましたら、治療を開始します。
  • Step03

    被せ物・入れ歯などの交換

    者さまの体質に合わない材料を基に治療が行われた箇所については、患者さまの体質に適応する歯科材料に交換する治療を行います。
当院でご提案できるメタルフリーの歯科材料

被せ物

  • オールセラミック

    金属を一切使用せず、素材すべてがセラミックとなる被せ物です。
    透き通る透明感があり、美しい白さが期待できます。天然歯に近い使用感を得られます。
  • ジルコニアボンド

    メタルボンドの内面の金属の代わりに、白いジルコニアを使用し、その上からセラミックを焼き付けた素材です。ジルコニアは強度が高い為、強度を必要とするブリッジや奥歯の治療にも役立ちます。
  • フルジルコニア

    すべての素材がジルコニアとなる被せ物です。ジルコニアは強度に優れ、経年変化による変色もなく、天然歯に合わせた色味の調整が可能です。
    歯の食いしばりが強い方にもおすすめです。

入れ歯

  • ノンクラスプデンチャー

    文字通り、「クラスプ」と呼ばれる金属性のバネを使用していない入れ歯です。
    通常の保険治療では「クラスプ」が用いられている為、入れ歯をしていることも目立ちやすく、金属アレルギーのある方には使用できません。
    ノンクラスプデンチャーはそんな金属アレルギーがある方にもおすすめができる入れ歯です。
  • 金属床(自由診療)

    金属床を作成する場合、自由診療であれば、使用する金属をチタン・コバルトクロム合金などに変更することが可能です。これらの素材は金属アレルギーを発症させにくく、保険適応で作成する入れ歯よりも、フィット感や噛み心地など、安定性の向上も期待できます。
  • インプラント

    インプラント治療では、人工歯を固定するために、金属のネジを体内に埋め込みます。
    金属アレルギーの方の場合は、使用する金属をチタンに変更し、金属アレルギーを起こしにくい治療ができるようにしています。
    ※インプラントを構成する素材の一部に、金属アレルギーを誘発するような素材が使われ